和歌山看護専門学校
お問い合わせ 交通アクセス
HOME 学校概要 3年課程 年間スケジュール 学校施設案内 学生募集要項 実習施設 卒業生の皆様へ 在校生の声・卒業生の声 2年課程  

 在校生の声・卒業生の声

在校生の声

1年生 大西 舞

大西 舞

 私がこの学校を選んだきっかけは、一日看護学生に参加したことです。先生と学生の間の距離が近く、まるで先輩と後輩のような関係でとても雰囲気が良いと感じました。また、看護の勉強は大変なはずなのに一人一人が看護を学んでいることに誇りを持ち、笑顔いっぱいなところに惹かれ、私もこの学校で学びたいと思うようになりました。
 入学してまだまだ慣れないことばかりですが、何か困っていたらすぐに助けてくれる先生や先輩、同級生達がいて、この学校は協調性があっていい学校だなぁと改めて感じています。90分授業にはまだ慣れませんが、これから学ぶ看護の専門知識にとてもワクワクしています。看護とはどういうことなのか、少しずつ自分で考えていきたいと思います。



1年生 久保 久視子

久保 久視子

 私には子どもが三人いますが、どの出産のときも看護師の方々が私の痛みに寄り添い支えてくれました。私もそんな看護師になりたいと憧れながらも、子育てしながらこの年齢で学校に行くなんてできないと諦めていました。ですが、子どものことで病院に通うようになると、優しく接してくださる看護師さんに憧れる気持ちはさらに強くなりました。そこで一日看護学生に参加し、同じように子どもがいながら頑張っている先輩から話を聞き、励まされたことで私も頑張ろうと一念発起しました。
 厳しい指導の中にも温かく声をかけてくださる先生方と、年齢は様々ですが同じ目標をもつ仲間達と切磋琢磨し、人としても成長できるよう、日々を大切に過ごしていきたいと思います。



1年生 福岡 怜未

福岡 怜未

 私が看護師という職業に魅力を感じたのは兄が入院していたときのことです。病気について不安を感じている私たち家族に対しても、ときには応援し、ときにはたわいのない話をして心のケアをしてくれました。
私も患者さんだけでなく、家族の方々の気持ちにも寄り添うことのできる看護師になりたいと思うようになりました。
 入学してからは、学校行事などで先輩方と交流することが多く、勉強や生活面で不安を感じても気軽に相談することができます。課題や実習など大変だと思いますが、クラスの仲間達と協力し合いそれぞれが理想としている看護師像を目指して頑張りたいです。



2年生 中村 真彩

中村 真彩

 幼い頃、体が弱く病院に行く機会が多かったことから看護職に憧れを持ち、その頃から看護師を目指すようになりました。
 看護学校に入学して大変なこともありますが、自分の夢に向かって好きなことを学べているのは楽しく、とても充実しています。
 1年生の終わりには4日間の病院実習に行き、初めて患者さんを受け持たせていただきました。身体面・精神面・社会面の三側面から情報を得てアセスメントするためには、知識を深めるだけでなくコミュニケーション力を上げていくことも不可欠だと実感しました。これからも努力を重ね、幼い頃から憧れている看護師になれるよう頑張りたいと思います。



学生会会長 尾高 明子

尾高 明子

 学生会の主な活動として、学生主体の学校行事が円滑に行われるようにサポートをすること、他学年との交流会や勉強会を開催し、学生同士のつながり作りをサポートすることなどがあります。またエコキャップ集めや募金などのボランティア活動も行っています。
 今年のWAKAN学生会のテーマは「和を大切にして、役割を果たす」です。学生ひとりひとりが看護学生として責任を持った行動をとること、そして同学年だけでなく、他学年とのつながりも大切に学生活動を充実させていくことを目指します。
 令和元年という節目の時期に学生会会長をさせていただくことに感謝し、学生会一同協力し合い、学校生活をよりよくしていくことに努めたいと思っています。



3年生 黒木 唯

黒木 唯

 私は幼い頃から医療ドラマが好きでフライトナースに憧れ、看護師を目指していました。実際に入学すると、自分の考えの甘さを痛感しましたが、あらゆる分野の講義や臨地実習を通して、看護とは何なのか少しずつですが分かり始めてきたように思います。
 そして看護観も、入学時に描いていた「臨機応変な看護」から、患者さんやそのご家族からこの看護師が良いと思ってもらえるような「寄り添う看護」へと変わりました。そのためには、患者さんの疾患だけにとらわれるのではなく社会背景を理解し、その人らしい人生を送るために必要な看護は何なのか考える必要があります。個別性に応じた援助が考えられるよう、そして自分の理想とする看護像に少しでも近づけられるよう、これからも一層努力したいと思います。



3年生 中谷 真珠

中谷 真珠

 私はキラキラした看護学校生活を思い描いて入学しました。実際は1年次での講義中心の生活と看護技術の練習の日々。こんなにもたくさんの知識が必要であることと、技術を身につけるための練習の毎日で、看護師への道は厳しいものなのだと痛感しました。2年生になり、病院実習に行くと1年生で学んだ知識や技術はもちろん、看護には「個別性」というものがとても重要であると学びました。患者さんは私たちの大先輩であり、それぞれがかけがえのない人生を歩んできています。未熟な私たちを快く受け入れてくれた患者さんやそのご家族に感謝の気持ちを忘れず、その人の人生を大切にした看護を心がけたいと思います。
 人の命を預かるという責任の重さに逃げ出したくなるときもありましたが、看護というものは奥が深く、毎日が刺激的です。患者さんにとって最善な看護とは何かを考えながら、よい看護を展開できるよう努力し続けていきたいと思います。



3年生 湯庭 衣織

湯庭 衣織

 私は臨地実習において、常に自身を振り返り客観視する機会を大切にしています。そうすることで患者さんやそのご家族を見る視野が広がり、必要な看護に繋げることができると考えるからです。
 急性期実習では急性期における患者さんとその家族の方の気持ちや考え、思いを知り、障害受容過程を把握し、個別性を大切にして寄り添うことを学びました。看護を実践するものとして、専門的知識や技術・態度だけでなく、人の心に目を向け、寄り添うということを大切にしたいと思ってい
ます。これからも患者さんや家族の方が入院生活を安心して過ごせるように、個別性に応じた看護を実践できるよう努力します。


受賞者の声


学校長賞受賞   山本 楓

山本 楓

 学校長賞という素晴らしい賞をいただき、ありがとうございます。
 看護学校は私が思い描いていた学校生活とは全く異なりました。新しい知識や技術の学習に加え、これらの学びを応用して実習に臨むことは私が想像していたよりも難しく、悩むことも多かったです。しかし、毎日が新しい学びであり、患者さんからの「ありがとう」がこんなにもうれしく、やりがいに繋がるということを知ることができました。
 諦めそうになったこともありますが、同じ看護の道を目指す仲間の存在や、先生方に支えられ、ここまで成長できたのだと感じています。
 知識も技術も未熟な私を受け入れて下さった患者さんとそのご家族、ご指導いただきました指導者さん、先生方、支えてくれた両親や仲間、すべての方々に感謝し、「看護とは」を常に探究し続けながらこれからも頑張っていきます。



知事賞受賞   知元 ますみ

知元 ますみ

 卒業にあたり、知事賞という素晴らしい賞をいただき、驚きと共に大変うれしく思っています。
 入学が決まったとき、看護師への道が開けたことに喜び、3年間どんなことがあっても諦めずに最後までやりぬこうと決心しました。私のこれまでの人生で最も努力した3年間だったと思います。しかし、学校生活は想像以上に大変でくじけそうになることもありました。振り返れば私は3年間ずっと、大切な家族とともに頑張っている仲間の存在に支えられ、励まされながらここまで来ることができました。
 実習では、様々な患者さんと触れあい、多くの学びを得ることができました。目の前の患者さんに真剣に向き合い、患者さんのことを思い、看護について考えることができました。患者さんとの出会いと実習での学びが、私のこれからの看護の原点になると思います。これからも周囲に感謝の気持ちを忘れず、職業人として責任を持って、思いやりのある看護を提供していけるよう、日々精進していきます。
 最後になりましたが、学生である私を温かく受け入れて下さった患者さんとそのご家族、多くの学びに気づかせてくれた教員や指導者に心より感謝申し上げます。



市長賞受賞   亀井 渚

亀井 渚

 市長賞という素晴らしい賞をいただき、大変うれしく思います。
 振り返ると、新しい講義や初めての技術、毎日が学びの連続で想像していたよりはるかに大変でした。風のようなスピードで過ぎていった3年間でした。
 実習では「患者さんに対して自分にできる看護がわからない」と、ときに看護の方向性を見失い、何もできない自分に悔しさ、無力感を感じることもありました。それでも、未熟な私の看護に「ありがとう」と涙を浮かべて言っていただけたことは今でも忘れません。患者さんの本音と向き合い、受け止め、安心感を与えられる看護師になりたいと思っています。
 最後になりましたが、未熟な私を受け入れて下さった患者さんやそのご家族、また多くの学びを与え育てて下さった指導者さんや先生方、そして、いつも私を支えてくれた仲間と家族に感謝し、これからも努力していきます。

卒業生の声

前原 竜也
第8期生 前原 竜也
公立那賀病院所属

 私は看護学校卒業後、公立那賀病院に就職しました。様々な部署を経験し、現在は呼吸器外科内科に所属しています。また、那賀病院DMAT隊員として東日本大震災でのDMAT活動を経験しました。
 新人看護師の時には十数年の経験がある先輩看護師はベテランで大きい存在でしたが、実際に自分が先輩看護師となった今、知識・技術ともにまだまだ未熟な面もあり、日々向上心を持っていなければいけないと感じています。
 また、私たちの仕事は人と関わることが多く、患者・患者家族・看護師以外の医療従事者とチームとして治療するため、コミュニケーション能力が重要であり、知識・看護技術がどんなに優れていてもコミュニケーションが取れなければチームとしては良い治療・ケアを提供できないと思います。
 看護師を目指す皆様も、知識や看護技術だけを習得するのではなく、「人との関わり」「チームとして」を考え意識し、コミュニケーション能力を磨いてほしいと思います。



穴井 聖二
第11期生 穴井 聖二
和歌山県立医科大学附属病院
救命救急センター所属

 僕は現在、県立和歌山医科大学附属病院の救命救急センターに所属しています。救命救急医療を役割とするICUに常勤し、出動要請に基づき、ドクターヘリに搭乗するフライトナースとして活動しています。
ドクターヘリの役割は、医師と看護師が各1名現場へ出動し患者さんに救命医療を行います。
このことにより救命率の向上や、後遺障害の軽減を図ることを目的としています。
自分たちが行った行為がすぐに患者さんに影響を与えるこの仕事にやりがいを感じています。
病院内と大きく異なる環境の中で緊張の連続です。その中で、看護力を最大限に発揮できるよう日々取り組んでいます。



久田 麻美
第19期生 久田 麻美
医療法人愛晋会中江病院所属

 私は、内視鏡による検査・治療を主軸に内科、外科、整形外科と幅広い分野のある中江病院で働いています。所属している部署は、地域包括ケア病棟であり、急性期を経て、すぐに在宅や施設へ移行するには不安のある患者様に対し、在宅復帰に向けて他職種と連携し、支援していくことを目的としています。
 医療チームで協力し合ってケアを行い、元気に回復して退院される患者様の姿を見ると大きな喜びとやりがいを感じます。卒業して看護師になってからも、日々勉強であり、患者様から学ぶことはたくさんあります。常に精進する気持ちを忘れず、看護を行っていきたいと思います。



西澤 加奈
第20期生 西澤 加奈
和歌山ろうさい病院所属

 私は、和歌山看護専門学校を卒業後、助産学科へ進学しました。そこで1年間勉強し、助産師の資格を得て、現在和歌山ろうさい病院で勤務しています。私が所属しているのは産婦人科、消化器内科、整形外科の混合病棟で、助産師としてだけでなく、看護師として高齢者の方と接することも多くあります。看護学校時代に学んだ看護技術はもちろんですが、何よりもコミュニケーション力が大切であると日々痛感しています。まだまだ未熟ではありますが、先輩助産師、看護師に支えられ、知識・技術を積んでいます。自分自身が向上できるよう、また患者さんや妊産褥婦さんが笑顔になれるよう、これからも頑張ります。


 

Copyright (C) 2009-2019 Wakayama-nc