和歌山看護専門学校
お問い合わせ 交通アクセス
HOME 学校概要 3年課程 年間スケジュール 学校施設案内 学生募集要項 実習施設 卒業生の皆様へ 在校生の声・卒業生の声 2年課程  

 年間スケジュール・学生生活


入学式
病院説明会
 

前 期4月

新入生歓迎会
特別講義
7月
一日看護学生 学校祭
10月
後 期
戴帽式
11月

国家試験

2月
卒業式
3月


 7月〜3月のスケジュール

7月 学校祭

 毎年、企画・準備の段階から開催に至るまですべてを学生たちだけの力で行うことで、心を一つに
してつながり、あわせて普段から自分たちを支えてくれている方、また地域の方々とより交流を深め
たいと心を込めて開催するものです。
 
 今年は「楽しさ満開 輝けWAKAN祭」をテーマとし、来て下さった皆様一人一人に和看流のおもてなしを
提供出来るように心がけ、たくさんの方に笑顔で帰って頂こうと頑張りました。
今回は学校祭での収益金の一部と皆様からの募金を合わせ、身体の不自由な方々の生活をサポートして
くれる介助犬育成のための寄付をさせていただきます。詳しい記事はこちら

学校祭1 学校祭2
学校祭3

         和看保健室では身長・体重測定や骨密度、血管年齢、体脂肪率などの健康チェックを行っています。

学校祭4 学校祭5

          今年の模擬店は時間を延長し、お好み焼きやたません、からあげやハッシュドポテトの他、
         カフェのメニューも充実させました。

学校祭6 学校祭7
学校祭8 学校祭9
学校祭10 学校祭11
学校祭12 学校祭13

         イベント会場では、ダンスだけでなく折り紙やバルーンアートなどが行われています。

学校祭14 学校祭15
学校祭16 学校祭17
学校祭18 学校祭19

学校祭20

7月 1日看護学生

1日看護学生1 1日看護学生体験を通して看護の仕事の理解を深め、
進路決定の参考の機会となればと思っています。
看護に興味のある高校生以上の全ての方を対象にしており、
社会人を含め、毎年たくさんの方に参加していただいています。
 
在校生による学校案内をしながら車いす体験や新生児人形を
使っての沐浴やおむつ交換の体験をしてもらいます。
今年はシーツ交換の体験もしてもらいました。
在校生の使っている教科書や解剖生理学ノートなどの展示もしています。詳しい記事はこちら

1日看護学生1

1日看護学生2

1日看護学生3

1日看護学生4

1日看護学生5

1日看護学生6

1日看護学生7

1日看護学生8

          生体シミュレータを使って呼吸音や心音の聴取体験もあります。

1日看護学生9

1日看護学生10

1日看護学生11

 すべての技術体験が終わると在校生との交流会
です。お菓子を食べたり、ジュースを飲んだりし
ながらリラックスした雰囲気で授業内容や学生生
活のこと、病院奨学金についてなど、特に社会人
の方には色々な話を聞くとても良い機会となって
います。

11月 戴帽式

 11月2日 第26回戴帽式が行われました。
 戴帽とは、古来ナイチンゲールから始まり、看護師の象徴である帽子を戴く儀式です。白衣を着用し、帽子を戴き、厳粛な気持ちで患者に接し、この仕事の生命に直結する厳しさを感銘します。看護という職業は社会的に貢献度が高く、威信を持つ専門的職業であることを自覚し、それに従事することの誇りと自尊心を養うために行われます。
最近では色々な理由により臨床現場でナースキャップを着用することが少なくなってまいりましたが、本校では看護師になるという誇りと自覚、そして責任感を再認識する意味から例年行っております。 詳しい記事はこちら

  戴帽式1

戴帽式2

  戴帽式3


 入学してから初めての講義や看護技術を学び、看護師として必要な知識と技術を習得するためには、今までと違った学習方法が求められ、多大なる努力が必要となり,入学時に抱いた大きな希望がくじけそうになることもありました。
 そのような慣れない学校生活の中で、今日を迎えることができたのは、同じ看護の道を志した仲間と励まし合い、協力してきたからです。そして、夏休みには学生会主催の勉強会に参加し、先輩方から指導を受けて学ぶことができました。来年には、先輩と同じような指導ができるよう努力しようと思います。

 「全員で協力し合い、時に厳しく互いに励まし合い、日々精進します。そして人の命に携わる事を自覚し、責任感を持ち、周囲への感謝を忘れずに看護の道を歩んでいくことを誓います。」

(26期生宣誓より抜粋)

3 月 卒業式

卒業式1

卒業式2

卒業式3


 この3年間は、学習以外のことを学んだ日々でもありました。看護専門職に必要な態度を先生方から教わる中で、同じことを何度も注意され、自分達は頑張っているのにどうして認めてくれないのかと、反発することもありました。指導されていることはわかっていても、実践できないもどかしさに自分自身、情けない思いをしたことを覚えています。ときに叱り、ときに励まし、ゴールまでともに走り続けてくれた先生方には感謝しかありません。入学した頃は、厳しいと思っていた先生方が、気づけば顔を見るだけで安心し、「あなたなら大丈夫」と、かけてくれた言葉にどれだけ勇気づけられたかわかりません。国家試験前日にはバスに乗り込む私たちに「自分を信じて頑張っておいで」と手を握りしめ、バスが見えなくなるまで大きく手を振ってくれた姿は、今でも目に焼き付いています。
本当に多くの人に支えられ、ここまで頑張ってくることができました。負けない心と、諦めない勇気を胸に、少しずつでも走り続けることで、自分達なりの恩返しができるよう、努力を重ねていきます。

(25期生答辞より抜粋)



Copyright (C) 2009-2018 Wakayama-nc